女性ならば誰でも簡単にできる副業の1つがチャットレディーです。最近はコロナウィルスによって外出自粛が促され、自宅でスマホを使って副業をしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな女性にとって、チャットレディーは強い味方です。

チャットレディーとして本格的に稼ぎたいと思うなら、複数のライブチャットを掛け持ちすることが大切です。それなら、複数のライブチャットを掛け持ちするときに気をつけるべき事は何なのでしょうか。ここでは、複数のライブチャットを掛け持ちするときに意識したいことを紹介します。

複数のライブチャットに登録する場合、すべて同じプロフィールにしている女性も珍しくはありません。しかし、中には複数のライブチャットを掛け持ちしている男性もいますので、もしも同じプロフィールを使い回すのであれば、年齢等の表記には気をつけましょう。

同じプロフィールなのに年齢が違うとなれば、どれかが間違っているとばれてしまう可能性があり、そこから怪しまれてしまうこともあります。複数のライブチャットを使っている男性は珍しくないですから、もしもその中に固定客がいる、仲良くしてくれる人がいる、などということであれば、せめて写真やプロフィールは変えておいた方が良いかもしれません。

誰にどの話をしたのかわからなくならないように気をつけましょう。特にライブチャットによって自分のプロフィールを変えている、相手に応じて違う話をしている、などという場合、話をする男性の人数が多くなってしまうと必然的に誰に何を話したのか分からなくなってしまい、辻褄の合わないことを言ってしまう可能性が高まります。

「この前はこう言っていたよね」などと指摘されてしまうと軌道修正が大変ですから、誰にどのような話をしたのか、どのサイトではどのようなプロフィールなのか、わからなくならないようにしておくことが大切です。

ライブチャットで稼ぎたいと思うなら、複数のライブチャットを掛け持ちしておく事は非常に重要です。1つのライブチャットに登録しているだけではあまり稼げなかったとしても、複数のライブチャットに登録しておくことで待ち時間が少なくなりても稼げるようになるでしょう。

しかし、負担にならないようにすることも大切です。複数のライブチャットにログインしてそれぞれ相手に合わせて話を変えるという事は簡単なことではありません。

満足できる金額が稼げるならば良いですが、あまり負担になってしまって男性に違う話をしてしまったりとミスしてしまえば、負担になってしまうリスクも高まります。掛け持ちは大切ですが、欲張りすぎないようにすることも大切です。